Translate

2013年1月6日日曜日

旅食が美味です(^^)


シェーンブルン宮殿でのディナーデザートです。

シナモンのお菓子で、とても美味しかったです。



ハイリゲンシュタットで食べたÜber PlachuttaTafelspitz(ターフェルシュピッツというらしい)


Plachuttaは名前。

超絶の味でした。



メルキュール ホテル フランクフルト エアポートで食べた朝ごはんです。




デザートもおいしかったですが、チーズやハムも素材の味が活かされていてとても美味しかったです☆




フランクフルト空港で飲んだヴァイツエンビアーです。



お昼にお水を頼もうとしすると炭酸入り(スピリッツ)と炭酸なしがありました。

っちも有料です。

海外では水は貴重なようです。



コリアンエアーの機内食。



韓国食を注文。




飛行機内では食べ物に困るということはないです。

予備に食べ物を持っていこうとしても検査で引っ掛かるかも。



オーストリア航空の機内食です。


こっちはデザートがあって良い。


飲み物もいろいろ注文できるし、機内で困ることはあまりなかったです。 

Mercure Hotel Frankfurt Airport (メルキュール ホテル フランクフルト エアポート)

ハムとチーズと野菜がホテルでの朝ごはんです。
ビュッフェスタイルでの食事で、ホールにはガラスの屋根と仕切りがあり、お皿に盛られハムや野菜や果物を好きに持っていきます。
どれも日本では食べたことのないものばかりで、色々取って太ってしまいそうでした。

それでももっと食べたいくらいメルキュールホテルの朝ごはんは素晴らしかったです。

コーヒーやオレンジジュースなどは、普通のものだったと思いますが、きれいにセッテ
ィングされていると美味しそうです。



思わず『ベリーグッド!』と感想を述べたくなりましたミルクかけシリアルがめっちゃ美味しかったです。

ホテルの方がルームナンバーを聞いてきますが、特に問題ありません。


玄関からはシャトルバスが運行されています。私たちは出動が遅く、気づいた時にシャトルバスは行ってしまいました。11時くらいにはもういい時間のバスがないので、余裕をもって時間を調べておきましょう。








2013年1月5日土曜日

ウィーン自然史博物館(化石と巨大な隕石)


ウィーン自然史博物館でのタイムリミットは15分。それで終わらせないと、夜の飛行機に間に合わないので、かなり急いで回ってました。写真が若干ぶれています。





怖そうな警備員のおじさんがいたので、英語で『can I take a picture?』と話しかけてみ
ると『うん』と一言頷いてくれました。何も話してはくれませんでしたが、通じたようです!





OKをもらったので、写真を撮らせていただき、次の、隕石のフロアーやマンモスの化石のフロアーに気持ちよく向かいます。





まず、驚くのが隕石は落ちてきていたのか、ということ。こんな大きい隕石が上空から落ちてきたらひとたまりもない気がする。




都市部に落ちていたら、何人の命が失われるのか。
そんなことを考えながら、見ていました。





今年は、ロシアにも隕石が落ちてきました。
運よく人には当たらなかったようですが。




こんなに多くの隕石の集まりを見ると、隕石に対する危機感が強まると同時に、興味が湧いてきます。

2013年1月4日金曜日

シェーンブルン宮殿グランドツアーと聖歌隊の合唱☆


案内人とツーショットを撮りました。
歩き回り疲れて、頭ぼさぼさです。



夜のシェーンブルン宮殿は最高に眺めが良いです。
癒されます。
歩いてて感性が磨かれていくようです。



女の子が右隅に移っていて良いアクセントに。




子どもが通っていて堅苦しさがない。
フランクさがあって、宮殿の良さがうかがえる。





遠くから見ても光っていてきれいです。
日本の夜景とは少し違った味わいがある。




コンサートが始まります。
この旅のメインイベントなのでワクワクします。




コンサートは素晴らしい音楽あり、ミュージカルあり最高でした。


この後は予約してあるコース料理の夕食を食べに行きます♪




グランドツアーの途中では聖歌隊が合唱していますミュージカル形式になっていて感動大迫力の宮殿の中で聞く合唱はとても素晴らしかったです。
人々の苦悩を表現しているのか途中で頭を抱えるシーンがあります。歌に合わせてミュージカルをするという形式はウィーンでは一般的なのでしょうが、私のいるところではあまりすることはないので、とても斬新に感じられました。







歌から伝わるメッセージがダンスによってスーッと体に染み込んできて、分かりやすい音楽になっていると感じました。

ベートーベンを訪ねて ハイリゲンシュタットの遺書

ハイリゲンシュタットに付くと田舎っぽい感じが出ています。屋台も駅前に出ていて、ケバブが売っていました。





歩いているとアパートのようなものがあり、
音楽の絵が書いてあります。



芸術家の街なんだと思います。



この交差点の4差路を田舎の方に、左に曲がっていくとハイリゲンシュタット遺書の家の方に向かっていきます。




しばらくするとベートーベンハウスに着きます。こじんまりしてて路地の奥にあるので、探すのに手間取ります。




若かりし頃のベートーベンは年老いたころと全然違います。



ニヒルな笑いをしているのはベートーベンの弟です。




デスマスクがある。





ベートーベンが弟に宛てた遺書があったらしいです。





 

楽譜もありました。



ベートーベンハウスは入るとこの印象的な木が目印。





帰りにお昼を食べようと思いましたが、1月2日なのにクリスマスデイのようで、目的のお店には入れませんでした。





近くに銅像がある。(ベートーヴェンの散歩道)





お昼を探していたのに、この『PLACHUTTA』で食べた後真っ暗になっていた気がする。


あれ?


探してる途中で寄ったスーパーの買い物に時間かかったんだったかな。

2013年1月3日木曜日

オーストリア トレンド ホテル ラートハウスパーク (Austria Trend Hotel Rathauspark)周辺より まとめてウィーン散策


宿泊地オーストリアトレンドホテルラートハウスパークでは、ぐっすり眠れて朝は良く起きれました。




立派な建築物です。




タバコ屋でウィーンチケットを買えるという情報はデタラメでした。





何日間かフリーパスで電車に乗れるはずでしたがオヤジに嫌な顔をされました。




メインストリートは広々としていて開放感があふれています。





路面電車が走っていて路線が普通にあります。
そんなには走ってません。




ゴミ箱がやたらでかいです。



 

教会とか色々あってキリスト教国なんだなと思います。これはヴォティーフ教会です。







公園もあります。子どもを遊ばせておくのにちょうど良さそう。人もあまりおらず、子育て環境は悪くなさそう。







教会の前に来たので記念にバックで撮影。でかいです。





広場にあったモニュメントに音楽の街っぽさを感じる彫刻。ずらーっと並んだベンチはニューヨークっぽかった。





車はきれいに路駐されています。あんまり迷惑じゃない感じ。






灰皿は若干汚い。




前日、市庁舎で催し物があったらしく会場の撤去作業をしていました。








やはり、ゴミ箱はでかい。





近くでフィアカーが走っており散歩の良いアクセントになりました。言えば有料で乗せてくれます。普通に道路を歩いてます。



ウィーン国立歌劇場は手前まで。



ウィーン市内の庭園から見た景色に国会議事堂が見えています。



割と、普通なところにありました。