Translate

2017年8月18日金曜日

山中湖1周

雨が小降りになり、最後のイベント山中湖ぐるっと1周サイクリングに出発。


これからセーリングに行く人も水辺で準備しています。



カモメが水際で休んでいて、のんびりした雰囲気です。


道路横の歩道はサイクリングコースになっていて、観光客にとっても地元民にとっても良い散歩道です。



小降りの後に雨は止んできましたが、雲がかっていたので霧の風情が気持ち穏やかでした。



車道を左手に時計回りで走って行くと、ランニングしてる学生達が結構います。




別荘やキャンプ場がたくさんあって、この辺は合宿所としてよく使われているみたいです。




河口湖には私も大学時にラクロス合宿で来たことがあります。



霧がかっているせいか、出っ張った陸地が島みたく見えて良い景色でした。



遊び場としても良いです。水切りとか楽しそう。



住宅街に入るとまた走っている子どもたちがいました。




花畑も管理しているみたいです。




沼地っぽいところに入りましたが、まだ半分位しか来ていない所で1時間半も経ちました。バス出発まで残り40分です。



道ばたにある地図で確認して本当に焦りました。


マッハでダッシュしましたが、良い景色がポンポン出てくるからちょいちょい止まる。




自転車に乗りながら流れる景色を撮るという小技を使って時短してました。



サッカーしてる少年たちを撮ったり、ヨットやってる人達撮ったり大変です笑


デジカメのf値とかISO感度とか調節しつつ小技を駆使します。




ただ時間が無いから必死です。


残り5分で、昨日夕飯を食べた海馬(sea horse)が出てきたからイケそう?



体調崩しそうな位疲れたので、ファミマで水を買い、荷物預けたゲストハウスに寄ってバス停に行くと、ギリ間に合いました。


疲れた。
後ろの学生もペチャクチャやかましかったですが、到着時間が遅延して眠りこけていました。
ざまーみやがれ笑


到着は8時頃。


職場の土産も新宿で思い出し、調達に成功笑

花の都公園


最終日は宿泊先近くの山中湖周辺を散策します。

最初は花の都公園に行きます。




山中湖周辺には見たいところがいくつもあったので、ゲストハウスで自転車を借りて、サイクリング観光することにしました。




ゲストハウスから花の都公園までは自転車で10分~15分です。

富士山山中湖のバス停留所から河口湖方面に行きます。



走って少しすると水車が目印で、ほうとうが名物の『甲州 ほうとう水神』が見えてきます。


ここを右折して住宅街に入ります。



住宅街を抜けると景色が開けてきます。

公園に来ると、入り口には花の都大橋が架かっているし、看板もあるのですぐに分かります。



大橋の先には清流の里という、施設やガーデンが色々あるスペースが広がっていて有料です。



季節によって300円だったり無料だったりするみたいですが、この日は500円でした。



大橋の両端は一面花畑で、左手にはひまわりが所狭しと肩を並べていました。



ひまわり畑は迷路になっており、入り口と出口があります。



ここを通らなくても出入りできますが、迷路を完走したかったので出口を目指して歩きました。



ただ、正しい出口には辿り着けませんでした。

台風の影響で倒れたのか、花と花の間が微妙に広く別の出口に出ました。



大橋の右手にはコスモス畑が広がっていました。



綺麗で癒やされます。



清流の里内にはいくつか食事処があり、前日の登山であまり眠れなかったので、清流庵という食堂で休憩がてら朝食にしました。


確か蕎麦を注文しましたが、眠すぎて写真を撮るのを忘れました。



中のメインスポットの一つに三連大水車があります。



この辺は水車が有名なのか、来る途中のほうとう屋にもありました。



園内は川のせせらぎや木々のささやきで涼しさを感じます。

登山で疲れた体と心が癒やされました。



ここは滝が有名で、岩清水の滝には入って涼んでもいいみたいです。



明神の滝は時間になると大きな流れが起こるらしいです。




富士山の噴火で形成された溶岩樹型群も観察できます。



レイクガーデンには彩り良くサンバチェンスが咲いていました。



季節によってチューリップやネモフィラも観察できるみたいです。


近くのビニールハウスには樹木が列植されていて、街路樹みたくなっています。



トイレに行って帰ろうと思い、四季の花を栽培してるフローラルドームふららに寄りました。



ゆっくり出来るスペースもあるみたいです。喫煙スペースは屋外です。



帰りはタイミング悪く雨が降ってきました。




チェックアウト後に戻るのも微妙だったので、ゲストハウス近くの喜久屋食堂で雨宿りします。



鏡張りで広い店内は客が少なくて落ち着いて過ごせます。




喫煙も出来るので、撮影した写真の整理をしながらゆっくり雨の通過を待ちました。


ゲストハウスでもお勧めされたこちらのお店はカツ丼が美味しいらしく、勧められたまま注文しました。

1000円です。

味噌汁とお新香付きで、ボリュームがあります。



ラーメンの評判はイマイチみたいですが、カツ丼は美味しかったです。


雨が長引いたので3時間半位お邪魔してました。



15時00分くらいに東京へ出発するつもりでしたが、雨が激しく、湖を1周する予定が押してます。



電車じゃなくて、別ルートで早く帰れる方法はないかと調べていると、富士山山中湖のバス停から高速バスが出ている。



2000円で安いし、2時間ちょっとで新宿まで行けるからコスパが高い。



電車だと3時間はかかるし、3500円位かかります。何よりバスで御殿場駅まで行き、乗り継ぎ乗り継ぎで手間が多いです。



ハイウェイバスドットコムで空席照会をしたところ全部満席でしたが、何度か見てると空席になる便もあったのでキャンセルも反映されるみたいです。


乗りたかった17時30分の便を予約出来時間ができて喜ぶ。


1周するには思ったより時間がかかります。。。


続く・・・

2017年8月17日木曜日

富士山下山と寄宿

壮大な富士の谷にしばらくボーッとしていました。お鉢参りと言って、山頂の周りはぐるっと回っていいそうです。





周辺一帯を覆い尽くす雲海の眺めに何度もシャッターを切りましたが、途中で充電が切れるという悲しい事態がありました。




簡易充電器を持っていると不測の事態に対応できるので1つ持ってるといいですね。
火口近くに来ると中がギリギリ見えます。






中はくぼんだ砂地で、変わった特徴はないです。

地味に撮ってると「撮りましょうか?」って来るので、困ってない風を装います。





氷の張った場所辺りで帰りのバス時刻を再確認すると、お盆期間の最終は19時45分。

それ以外が18時45分。





今日は17日。この日をお盆だと勘違いしており、最終は18時45分だということが発覚。

もう16時50分なのでマッハで下山します。




下り坂は黒くて柔らかい砂地を下っていくコースが多いです。転びそうになるのでストック1本は持参必須です。



途中、マッハで下山する様子を見ただるそうな大学生3人組は

「えっ、いや・・・」

ギョッとしていました。


急いでジグザグの道を駆け下りていきますが、景色が良すぎてその度止まって進めない。



ラピュタのように雲間に浮かび上がる森林の風景を撮りたい。





富士の景色といったらと言うくらい有名な影富士。




雲が山状になってる珍しい光景で足を止める。

進ませてくれ。




マッハで下山する様子を動画撮影しました。





歩を進めるたびに砂の中に足が埋もれます。


素足がこの砂にさらされると爪が白くなるみたいです。



六合目辺りで残り約30分。



間に合わないかな~と諦めかけましたが、
『諦めたらそこで試合終了だよ』
という安西先生の言葉が浮かび、最後までという熱い気持ちが込み上げる。




躓きながらも砂払い五合目まで降りて残り20分。


当然、休憩所はスルーし岩間と木々を通る道に出ます。


あまり下山者、登山者と遭遇しなかったことが良かった。


ストックを持っていたこともあって、ある程度速度を付けてもバランスを崩さない。


集中力が高まってきた。


間に合うかもしれない。


妙な自信が涌き、最初見た道を行くと鳥居と階段が見える。



ゴールかもしれないがあと5分。

違ってたら間に合わないが、最初の登山道が出て来てた!
安西先生ありがとう!




イスでくつろいでる番人は
「お疲れさま~」


とこっちの焦りに関係なくのんびりしている。


「もう、バス出ました?最終18時45分ですよね?」
「18時45分はある。あ、ギリ!間に合う!」


バス停まで駆けていくと



出店辺りでまた
「お疲れさま~」
と言っている人がいる。



「最終のバス18時45分ですよね!?」
「いや、最終じゃぁ・・・まぁ、出るし」


最終じゃないのかよ!
ホームページに書いてるのに・・・



「最終は20時15分だよ~。」
めっちゃ余裕あるし・・・



もっと楽しんで降りてくれば良かった。



ヘッドライト付けながら下山とかやってみたかった・・・バスに乗ると18時45分ジャスト。


すげー神がかってるけど、これが最終であって欲しかった気も・・・



めっちゃ疲れた。

腹減ったしトイレ行きたい。
宮上のバス停で降り、道の駅すばしりのバス停まで行く途中で失礼します。



さらに、神がかり的にバス停に着いた瞬間バスが来る。



バス停富士山山中湖に着くと



寄宿先のオーナーが
「海馬のほうとうはお勧めですよ。」



と言っていたのを思い出し、早く戻りたかったけど飯のために5分ほど寄り道。


歩いてちょっとある。



中は広々していて、座敷席とテーブル席がレジを境目に左右で別れています。


結構お高めの店だからなのか、平日の夜だからなのか、中は空いています。



座敷席いこうかな~。
と視線を傾けていると
「テーブル席どうぞ~」


と案内されました。・・・


色々メニューがあり、どれも魅力的でしたが、ワカサギの天ぷらとほうとう、馬肉と、山梨名物が山盛りの甲斐路御膳を選択。




料金は2500円前後しましたが、こんな日はいいや。




荷物を整理したり、おしぼりでサンダルを拭いたりしていると・・・運ばれてきた料理は富士にも劣らない絶景です。
よく分からないか。



初めて小鉢を少しづついただく和食の良さを体感。




この日、床に就くと興奮して中々眠れません。

ここ最近、眠れないなんてこと滅多にないんだけど。



まぁ、明日の準備したりシャワー浴びたりしようかとシャワールームの空きを伺いつつ部屋でシコシコ雑務しますが
22時前後の時間帯は混むようで中々空かない。



近くで空きを待っている方が楽かなと共用スペースのテーブルで寝転びながらワンピースを読んで待ちます。


コーヒーは朝に淹れるみたいで夜はありませんでしたが、マスカットとか自由に食べていいみたいなので摘まみながら待機。



冷蔵庫やキッチン、喫煙スペースもあるから結構居心地が良いです。



ゲストハウスだから外国人もたくさん来るので、写真とかたくさんありました。



この日、歩いた数は32129歩。オーストリアに行った時の1日20000歩を遥かに超えました。


日本一の富士山を制覇したから日本一になった気分。
目標は世界一なので、ひとまず日本を制覇。